『さをり織り』について

『さをり織りセラピー』は、
『さをり織り』という手織りを用いた、
アマナエイコ オリジナルの驚くほど簡単なセラピーです。

『さをり織り』とせずに、
あえて『セラピー』としたのには、
わたしなりの想いがあります。
まずは、そもそも、
『さをり織り』って何?というおはなしから。
さをり織りは、
1969年に、大阪府在住だった城みさをさんという、
一人の主婦がはじめた、新しい手織りです。

これまでの伝統的で職人技的な従来の手織りでは、
「どこで、何を使って、どう織るのか」
それがとても大切にされていました。
ところが、みさを先生が始められたさをり織は、
そういった常識や既成概念から離れ、
年齢・性別にかかわらず、
あらゆる人が自分の感性を自由にありのままに表現しよう!という、
まったく新しい発想から始まっているのです。
しかも、
みさを先生がさをり織りを始められたのは、57歳のとき!!

当時は、主婦は家庭で家族のために働くのが主流。
家族のための毎日の中、
自分に特別な能力があることを感じるなんて、
なかなかない時代。

そこに、
世間一般的にはもうご隠居に近いお歳の方に、
自由に思うがままに織ろう!
あなたにしかない感性を表現しよう!
しかも、それは誰でも簡単にできること!

なんて声高々に言われたら、
それはそれはセンセーショナルで、
あっという間に虜になってしまったことでしょう。
瞬く間に、
さをり織りは広まり、
今では、日本国内だけでなく、
海外にも愛好者が増え続けています。
そんなさをり織りは、
来年2019年には創設50周年を迎えます。

それを目前に、みさを先生は、
今年1月に104歳で天命を全うされましたが、
みさを先生がさをり織りを始めて下さったから、
そのさをり織りに出逢い、
人生が変わったという方が、
本当にたくさんいらっしゃることを、
改めて感じています。
さをり織りは、単なる織物ではなく、
織物を通じて、人の可能性を広げる、
素晴らしいツールなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です