『間違いというものはない』

『さをり』をやる上では、
どうなっても間違いというものはない。

間違ったら、それは神の責任だと思えば良いのだから。

そこに見え始めるのは自分の先天的感性である。

だから好きに好きに織れば良いのだ。

また、
そうしなければ楽しくないばかりか、
自分と向き合うこともできない。

【城みさをの言葉365日】7月24日より

さをり織りには、
こうしなければいけない、というルールがそもそもありません。

間違いとするかどうかは、
自分です。

思った通りにならない。

それを楽しむことで、
自分の本音が見えることだってあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です