『出来上がったものはオマケ』

私たちは自分を大切にしたいから、織りをする。

自分が主役である。

その大切な自己を見つけるための織りである。

だから、織って出来上がった物は「副産物」である。
「オマケ」である。

極端かもしれないが、そう言い切ってしまっても良い。

【城みさをの言葉365日】9月1日より

さをり織りセラピーでは、特にこれを意識しています。

「何か」にするために織っていては、
自分の内側に意識が向きません。

自己の声に気づけません。

そうは言っても…と思うかもしれませんが、
とにかく、やってみたらいいんです。

どうやったって、
そのオマケは、
とんでもなく素晴らしいものになるってことがわかるから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です