コットンのおはなし

糸マニアのアマナエイコが綴る、
糸のおはなしシリーズ、その5。

前回は、麻のおはなしでしたが、
今回は、その次に歴史がある『コットン』のおはなしです。
ここでいうコットンは、
アオイ科の植物・ワタ(棉)から作られたものをさします。

一般的に、繊維や繊維状のものが絡まり合った、
ふわふわのものを綿(わた)と呼んで、
ワタ(棉)の実から採った繊維から作られた綿を、木綿(もめん)と呼びます。

さらに、その繊維のことを言うときに綿(メン)という単語を使うのです。



ややこしー!!

なので、わたしは、
文字で書くときには、あえてコットンとしています。

話の流れから判断つくとは思うけど、
どうでもいいこだわりです。

口頭では…
どっちも使ってるな。笑
さて、話を戻して。

コットンは、5000年ほど前から、
古代インドや南米ペルーなどで栽培されていて、
これが西欧に伝えられました。

日本では、15世紀中頃から栽培されるようになったようです。
コットンの品種はいろいろありますが、
その繊維の太さは、大体20μmです。

成長時に養分が通っていた管が、真ん中にあって、
その存在のおかげで、かさ高、軽量、保温性に富むという特徴があります。

濡れても丈夫なので、
ジャブジャブ洗いたい下着やTシャツによく使われるのは、納得。
コットンの区別は、その長さで判断されます。

繊維が長ければ長いほど、細い糸ができ、
高級品となります。

最近では、
某ファストブランドさんが売り出して知られるようになったスーピマ綿。

これはコットンの中でもかなり長い繊維です。
とはいえ、
天然繊維の中では比較的短いものなので、
繊維を平行に引き揃え、細く伸ばして縒りを掛けた紡績糸として使います。
あ、
紡績糸とか、
糸の作り方については、またいずれ。

コットンは、比較的安価で、加工もしやすいので、
いろんな種類の糸があります。

mohimoでは、
実はコットンを使う人が少なくて、
糸棚に置いている総数としてはちょっと少なめ。

でも、
変わった色や形状の糸はたくさんありますよ。

気軽に、ただ織るだけで面白いものを、というときにはオススメです。
さて、今日のまとめ。

コットンとは、アオイ科の植物・ワタ(棉)から作られた天然繊維で、
かさ高、軽量で、保温性に富み、濡れても丈夫。

コストパフォーマンスが高い繊維ともいえますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です