『好き』の効能

昨日、今日と、
落ち着かない状況の中に身を置いていました。
 
自分でも笑えるくらい、
動揺して、
ココロが固まって。
 
なんとかして落ち着こうと、
朝から景色のいいところでモーニングしてたのに、
すっかり記憶から飛んでました。
 
ケータイの写真見て、
ああ、そういえば…ってほどに。
 

そんな中、
大好きな、尊敬する友人があげていたブログを読んで、
出先であったにもかかわらず、
思わず、涙が流れました。
 →【友達とは?】 大好きが私の原動力

好き
それだけでいいかな、と。

この記事は、友達の定義についてだけど、
それは何にでも通じるもので。

大好きで大切に思ってる。
その心に一点のくもり、もないなら。

ああ、ホントに。
 
さっき、ようやく帰宅して、
織機の前に座ったとき、
その言葉が改めてじわーっと沁みてきました。
 
わたしは、さをり織りが好き。

なぜって聞かれても、
正直、ぴったりな言葉が見つからないのです。
 
いや、
言葉にすると、途端に陳腐になるような気がして、
その想いをもっともっと大切に扱いたいと思うのです。
 
だから、
ただ、好き。
 

それは、
なんのくもりもなく。
 
織るという行為を考えるだけで、
胸がキュンってなって、
あたたかな幸福感に包まれて。
 
まるで、
自分のココロがどんどん広がって、
今いるところからも、もっともっと遠くまで、
宇宙にまで広がっていくような感覚。
 

あはは。
なんか、すごいマニアック。
 
でも、
そんな『好き』と思えるものに出逢えた今世は、
それだけで上出来だと思うのです。
 

昨日からの、
引きずるような想いが、
ただ、織機の前で、
この『好き』を感じていただけで、
スーッと消え去っていきました。
 

あなたの『好き』って思うものって、なんですか?
 
みんなの『好き』を聞いてみたいです。
マニアックな話になりそうで、楽しそう!
 

もし、あなたが「わたしの好きってなんだろう…」って、
よくわからないなぁと思うなら、
わたしと一緒に織ってみませんか?

お喋りしながら織っていると、
たくさん気づけることがあるんです。

だって、ウチは、
さをり織りセラピーですから。

もちろん、
あなたにとっての『好き』が、
さをり織りになると、とっても嬉しいのですが 笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です