シルクのおはなし①

糸マニアのアマナエイコが綴る、
糸のおはなしシリーズ、その8。

その1 繊維のおはなし
その2 繊維の分類のおはなし
その3 人類と繊維のおはなし
その4 麻のおはなし
その5コットンのおはなし
その6 ウールのおはなし
その7カシミヤのおはなし
わたしが所有する糸の中で、
圧倒的に数が多いのは、シルクです。

ええ、大のシルク好きですから♪

艶やかな色合いを眺めるのはもちろん、
しっとり滑らかにとろけるような手触りも、大好き。

ちなみに、
毎晩、シルクの毛布に包まれて、
ぐっすり夢の中です。
さて、今日はそんな大好きなシルクのおはなし。

シルクは、その原料によって大きく2つ分類され、
それぞれ、家蚕(カサン)、野蚕(ヤサン)と呼ばれています。

みなさんが普段目にされるシルクは、
大体が家蚕シルクなので、
まずは、そちらから。
家蚕。
読んで字のごとく、
家の蚕(カイコ)。

そもそも、蚕が何者かというと、
蛾です、蛾!!

意外じゃないです?

蛾の仲間である蚕は、完全変態の昆虫なので、
幼虫から蛹になる時に繭を作ります。
蚕の体内で、たんぱく質が糸になる工程を説明したいけど、
まぁ、マニアックすぎるとの、話が長くなりすぎるので、
ここでは割愛。

その繭から取れる糸が、家蚕シルクとなるのです。
蚕は、蛾なのに、
飛ぶことができません。

羽を持っているにも関わらず。

紀元前の中国で始められた養蚕は、
野生に住むクワコという昆虫を育てることから始まりました。

長い年月をかけて、
よりたくさんの糸を吐くように、
より人間にとって有益になるようにと品種改良され、
ついには、
飛ぶことすらできなくなるほどに変わってしまった蚕。

この地球上で、唯一、
野生回帰能力を完全に失ってしまった、
家畜なんです。

ゆえに、家・蚕。
今でも野生で存在するクワコは、
自力でエサを探して飛び回れるのですが、
蚕は、ただひたすら、
人間からエサを与えられるのをじーっと待つしかできない。

うっかりエサを与え忘れると、
そのまま餓死してしまう!!

しかも、桑の葉しか食べないという偏食ぶり。
パンダだって、笹以外のものも食べるっていうのに!!

なんというか…
切ない生き物です。
一方、野蚕シルクは何かというと、
蚕以外の昆虫の繭からとれる糸のことです。

その昆虫たちは、種類もいろいろですが、
お蚕さまと違って、
野外で生息できますし、
桑の葉以外のものも食べます。

だから、吐き出す糸も、
ツルツルの繊細なお蚕さまのものに比べると、
ゴツゴツとしたワイルド感があります。
この辺りも、いずれ詳しく。
ところが、
そんな野蚕たちも、
完全に人間の手を離れているかというと、
そうでもなく…

やっぱり、
品種改良や飼育管理もされているので、
どっちにしても、
シルクって、人間ありきな繊維ではありますね。
…えっと。

まだ、家蚕と野蚕の違いしかおはなししていませんが、
思いの外長くなってしまいました。

パターン的には、ここまで、
ひと素材、ひと記事できているのですが、
ちょっとシルクはネタが多すぎて、
まだまだ書きたい気分。

なので、次回は、
家蚕をもっと掘り下げて、
養蚕について書こうと思います。
ここにきて、
抑えきれなくなってきたマニアック魂。

ごめんなさいね〜

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です