『デタラメから入る』

『さをり』では
素人的なアクションとして、
まず、デタラメから入るように指導している。

但し、お断りしておくが、
決してデタラメが良いのではない。
このくらいのことを言わなければ、
すぐ既成の織物になってしまうからなのだ。

【城みさをの言葉365日】2月3日より

 

わたしたちが日頃見慣れているのは、
均一均質なものがあまりにも多く、
無意識に、
それに安心して、それが良いと思ってしまう。

でも、本当にそうなのだろうか。

一度、馴染んだ場所から飛び出して
広い世界を見てみれば、

なんだ!それもありなのか!!

うーん、ここまではいらないかな。

そうやって、
自分にとっての最適や、
新しい楽しみが見つかる。

それを試してみるのに、
さをり織りは最適なんだと思うのです。

デタラメ。

いいじゃん、たまにはハメを外しても♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です